スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le 14 juillet ~フランス革命記念日~

今日7月14日はフランス革命記念日。
1789年7月14日、パリ市民がバスティーユ監獄を襲撃し、これがフランス革命の
発端となりました。

今日の夕食は夫の(急な)リクエストにより、フレンチっぽく。
シャンソンを聴きながら、「1年前の今日はパリにいたね~」と、しばしパリ生活を
懐かしみました。

         エッフェル塔

青い空にエッフェル塔。定番中の定番だけれど、この光景が一番好きです。
のんびり散歩したり、芝生に座ってバゲットを食べたり、寝転んだり・・・

     革命記念日

革命記念日のメインイベントと言えば、シャンゼリゼ通りでの軍事パレード。
あたりは人、人、人・・・ 朝から場所取り合戦が繰り広げられます。
車が通行止めになるのはもちろん、メトロも近辺の駅には止まりません。

         革命記念日

フランス空軍機がトリコロールの煙を出しながら猛スピードで飛んでいきます。
慌ててシャッターを切っても、煙しか残っていませんでした・・・

     革命記念日

     革命記念日

兵隊さんの行進から始まり、騎馬兵、戦闘機、戦車とだんだん大きくなっていき、
最後は消防車が登場します。

     革命記念日

そして夜はエッフェル塔付近で花火があがります。
花火と言えば、日本の夏の風物詩ですが、フランスの花火も素敵♪
昨年は映画音楽に合わせてさまざまな色・形の花火がパリの夜空を彩りました。
今年のテーマは何だったのかしら~?

         革命記念日

そして今日もエッフェル塔はキラキラと輝いていることでしょう。

(写真は全て昨年撮ったものです)


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

芸術都市パリの100年展 @東京都美術館

パリをテーマにした展覧会 『芸術都市パリの100年展』
パリという言葉に惹かれて行ってきました。
正直あまり期待していなかったものの、結果は内容的にとても満足。

         芸術都市パリの100年展

ルーブルやオルセー、ポンピドゥーといった有名美術館から
パリをテーマにした絵画、彫刻、写真などが集められた今回の展覧会。

セーヌ川 セーヌ川

パリ留学から帰ってきてから、もうすぐ1年。
見慣れた街並みの絵や写真を眺めていると、いろんな思い出が浮かんできます。
映像コーナーではちょっと切なくなってしまいました・・・

ムーラン・ルージュ サクレクール寺院

「パリの街並み」以外には「パリの市民生活」「パリジャン・パリジェンヌ」などを
テーマにした展示コーナーも。

エッフェル塔 エッフェル塔

美術館の枠にとらわれず、
興味深い切り口でいろいろなパリを味わえたひと時でした。

芸術都市パリ100年展 ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830-1930年
東京:4月25日(金)~7月6日(日) 東京都美術館
広島:7月12日(土)~9月7日(日) ひろしま美術館
京都:9月13日(土)~11月3日(月・祝) 京都市美術館
芸術都市パリ100年展のHPはこちら

(白黒写真はパリで私が撮ったもので、今回の展覧会とは関係ありません)


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

フランス ブルターニュ地方

昨日、今日と料理教室でした。
ご参加下さった皆様、どうもありがとうございます。

今月はブルターニュ地方料理の会。
そんな事もあって最近ブルターニュについていろいろ調べたり、
名物のガレットを食べに行ったりと、ブルターニュづいています。

ブルターニュ地方はフランス北西部に位置し、
独自の歴史と文化を持つ、フランスの中でも個性の強い地域です。
ブルターニュという地名は5世紀頃、イギリスを追われてこの地に来た
ケルト人がここを「小さなブリテン(フランス語では小さなブルターニュ)」
と呼んだ事からきているのだとか。

写真はブルターニュの中心都市Rennes(レンヌ)です。

   レンヌ

戦争や火災で多くの歴史的建造物が消失してしまいましたが、
一部にはまだこんな木組みの家々が残っていました。

そしてSt-Malo(サン・マロ)

   サン・マロ

街全体が城壁で囲まれた人気のリゾート地。
ここは昔、海賊の拠点だった為、海賊を描いた看板も多く見かけます。

         サン・マロ


こうやって昔の写真を見返していると「また行きたい病」にかかって
しまいますね~。

そんな時、面白そうなイベントが新宿・伊勢丹である事を知りました。
その名も『フランス展』で、なんとブルターニュ特集!
GWにぜひ行ってこようと思います。

フランス展のサイトはこちら↓ (4月29日~5月6日)
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/
0804france/index.jsp


今月の料理教室はあと27日(日) 1名様募集中ですので、
ご興味のある方はメールフォームよりお問い合わせお待ちしております。
内容等についてはこちらをご覧下さい。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

春の風景@PARIS ~サクラ編~

桜の季節になりました。なんだかウキウキしますね♪
今日は近所の川沿いでプチお花見をしました。
見ごろはもうちょっと先という感じでしたが、2年ぶりの日本でのお花見は
嬉しいものです。

今日はパリの桜の写真です。パリにもちゃんとお花見スポットがあるんですよ~。
ここはパリ郊外にあるソー公園(Parc de Sceaux)という所。

     sakura

     sakura

パリの桜もとっても素敵でしょう~
この公園では白い桜とピンクの桜、両方楽しめます。

     sakura

     sakura

ピクニックしている人たちもちらほらと・・・
でも多くの人は歩きながら楽しんでいるようでした。

来週末はお友達とお花見を予定しているので晴れてくれますように!


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

春の風景@PARIS ~マルシェ編~

私が海外に行くと必ず立ち寄るのがマルシェ(市場)。
その国らしさが溢れているし、現地の人の日常生活に触れる事が出来るから。
どこも活気があって、見ているだけでも本当にワクワクします。

     marche

もちろんパリのマルシェもとっても楽しい!
肉・魚・野菜などといった食べ物だけでなく、お花に洋服、雑貨・・・と
生活のありとあらゆるものがここにはあります。
本来はものすごく日常的な場所が、パリという美しい街並みに溶け込むと、
どうしてこんなにもお洒落に見えるのでしょうか?
旅行でパリに来ていても、マルシェを訪れれば、束の間のパリジェンヌ気分を
味わえますよ♪

     marche

季節の移り変わりとともに、マルシェの風景も少しずつ変わっていきます。
この前まで置いてあったものが、もうどこにもない、なんて事はしょっちゅう。
「美味しい旬のものを食べる」
当たり前のようでいて、今まであまり気にかけていなかった事を、
パリに住んでからは大切にするようになりました。

     marche

いつもたくさんの色が溢れているマルシェですが、春は一段と華やか。
曇り空の多い冬が終わり、青空から光が差し込むと、
それだけでマルシェに並ぶお花やお野菜などは何倍も美味しそうに見えます。
苺やフランボワーズといったベリー類は春のマルシェの人気者。
ついつい買ってしまいます。

     marche

赤と言えばトマトもいろんな種類があって、迷ってしまいますね。

     marche

そして、そして、春と言えば、コレを忘れてはいけません。ホワイトアスパラガス!
グリーンアスパラよりは高いけれど、日本での価格を思えばとっても安い。
瓶詰めじゃない生のホワイトアスパラは何よりのごちそうです。

     marche

春のお野菜をもうひとつ。pissenlit(ピッサンリ)と言って、たんぽぽです。
フランスに行ったらぜひマルシェで買いたいと思っていました。
ほろ苦くてサラダにして食べると美味しいです。
ちなみに、このpissenlit、pisse+en+lit(=おねしょ)という言葉からきている
のですが、これはタンポポが利尿作用をもってるからだとか。

     marche

春・夏・秋・冬。
フランスに滞在したのがちょうど1年間だったので、マルシェの季節も一巡しました。
でも、あれも食べてない、これも食べてない、がいっぱいですけれど。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。