スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単! 鴨料理

     canard

通っていたパリのコルドン・ブルーの授業でよく出てきた鴨。
フランスではスーパー等で鴨肉が簡単に手に入るので、普段の食卓にもよく登場
していました。でも、日本に帰ってきてからはすっかりご無沙汰。
たまに蕎麦屋さんで鴨南蛮を食べるくらいです。
久しぶりに食べたいなぁと思っていたところ、
近所のスーパーで鴨肉がとても安くなっているのを発見!

     canard

さぁ何にしよう。やっぱり定番のオレンジソース? な~んて考えていたら夫から
「今日は和の気分だなぁ」の一言。
あ、そうですか、和ですか。じゃあ、パリでよく作っていた超簡単なアレでいいや!

     canard

用意するのは鴨胸肉と長ネギ、天つゆのみです。
作り方 1.鴨肉のはみ出ている皮を包丁で切り、皮面をフォークなどで刺す。
      (皮の縮みを防ぎ、焼いたときに余分な脂を出すため)
     2.油をひかずにフライパンを熱し、鴨肉を皮面から入れる。
       皮面に焼き色が付いたらひっくり返し、軽く焼く。(中は生の状態でOK)
     3.天つゆを沸騰させて火を止め、焼いた鴨肉を漬け込む。
       時々上下を返しながら天つゆが冷めるまで漬け込み、味をなじませる。
     4.スライスしてお皿に盛れば出来上がり♪
鴨を焼くとかなりの脂が出てくるので、その脂で長ネギを焼いて添えています。
天つゆはちょっと甘めの方がおいしい気がしますが、それはお好みで。

        canard

漬け込む時間を除けば、10分とかからない超・お手軽料理です♪


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
スポンサーサイト

Comment

No title

鴨肉美味しそうですね~v-238
このレシピなら私でもできそうだし、今度やって
みたいと思います。

No title

v-527林檎ちゃん
↑チーズちゃんと今も仲良くしてるのかな?チビ王子は。
これは本当にと~っても簡単、なのに美味しいのでぜひやってみてね。
ポイントは焼きすぎない事。鴨肉は必ずピンク色じゃなきゃダメだって
シェフがうるさく言っていました。が、私のはもう少し火を入れたほうが
よさそうです(笑) ゴリちゃんはこれぐらいが好みらしいけど。

No title

わ~、美味しそうな鴨料理。
実はアメリカに住んでいるのにまだチャレンジした事がないのです。
なんだか難しそうで。。。。
でもこれなら私にも作れるかしら。
是非、アメリカに戻ったら(実は今日本に一時帰国中です)チャレンジしてみます。簡単レシピをありがとうございました。

No title

v-271Pattyさん
一時帰国されている事はブログで拝見しました。
滞在記がUPされるのを楽しみにしています♪
この鴨料理は本当~に簡単なのでぜひやってみて下さいね。
私もパリ滞在時、よくご飯とともにこれを食べてました。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。