スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルターニュ地方のブイヤベースって?

あっさりとしたスープの中に数種類の魚介類とじゃがいも。
こちらの料理はCotriade(コトリアード)と呼ばれる、フランス北西部ブルターニュ
地方の郷土料理です。海に面した地方だけあって、新鮮な海の幸が豊富。
ブルターニュ地方のブイヤベースとも呼ばれています。

         cotriade

日本でブイヤベースと言えば、
南仏マルセイユのブイヤベースを思い浮かべますよね?
魚介類がたっぷりなのは同じだけれど、
南仏版はトマトやサフランが入っているからスープが赤みがかっているし、
ルイユと呼ばれるにんにく風味のソースが添えられています。

一方ブルターニュ版はご覧の通り、白っぽいスープ。
そしてなんとドレッシングをかけていただくのです。
不思議な感じがしますよね~。
でも見た目通りとてもあっさりとしたスープなので、ドレッシングがすごく
マッチするんです。

南仏版には『ブイヤベース憲章』なるものがあり、
正式な作り方には使う魚の種類などいろいろな決まり事があるようですが、
このコトリアードは好みの魚介類でOK。
短時間で出来るし、家庭料理にもピッタリです。

4月の料理教室のメインとしてこのコトリアードを作りますので、
参加して下さる方はお楽しみに~♪ (今回の写真は試作中のものです)
来月の教室の日程・内容等についてはこちらをどうぞ。


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
スポンサーサイト

Comment

わぁ。。

美味しそうv-237
すごく楽しみでーすv-238

No title

v-271けっちんさん
簡単で美味しいので家庭料理にピッタリです。
気に入って頂けるよう、試作に励みますね♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。