スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーヴル美術館展 ~フランス宮廷の美~

     Louvre

東京都美術館で開催されている『ルーヴル美術館展』へ行ってきました。
ルーヴルの膨大なコレクションの中から、今回は18世紀後半の華やかな
宮廷美術を展示しています。
パリのルーヴル美術館でも絵画より工芸品を中心に見ていた私にとって、
かなり期待の展覧会♪

残念ながら想像していた ↓こんな感じのコレクションとか、

         Louvre


↓こういった家具とかはほとんどありませんでしたが、

         Louvre

繊細で豪華な工芸品の数々はなかなか見ごたえがありました。
(上の2つの写真はパリのルーヴル美術館で撮ったものです)

特にマリー・アントワネットが旅行のたびに持参したという鞄の前は
ものすごい人だかり!
その鞄の中には食器や銀器、化粧道具など必需品が90点もビッシリ
詰まっていて、その1つひとつにM・Aのロゴが入っていました。

そして展示品の中でとても多かったのが「嗅ぎ煙草入れ」
聞きなれない言葉でしたが、あちこちにその嗅ぎ煙草入れが展示されていたので
最後の方は麻痺して、あたかも普通の単語であるかのように感じてきた程(笑)
近くにいた人が「これ、小さいからたくさん日本に持ってこれたのね」と言って
いましたが、実際そうなのかも。
でもルーヴル美術館では見た記憶がないんですよねぇ、ひとつも。
嗅ぎ煙草とは煙草の粉を鼻の粘膜に付けてすう喫煙方法で、
薬としての効果があるとされ、当時は貴金属と同格の扱いだったとか。
展示してあった嗅ぎ煙草入れは、ダイヤモンドがちりばめられていたりと
とても豪華なものでした。

『ルーヴル美術館展 ~フランス宮廷の美~』は4月6日(日)まで東京都美術館、
4月26日(土)~7月6日(日)まで神戸市立博物館で開催されています。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
スポンサーサイト

Comment

気になってました

ルーブル美術館展、気になってたんです。そうですか。。。v-11
じゃあ。。今回は。。。パスしちゃいます。
悠さんのブログ、私のブックマークに入れさせて頂きましたv-238

No title

v-256けっちんさん
え~!私、変なこと言っちゃったかしら~???
なかなか良かったですよ、ルーヴル美術展。
絵画が多いと思って見に行くと期待はずれかもしれませんが、
日本では初めて見れるものも多かったようです。
お気に入り、ありがとうございました。私も登録させて頂きますね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。