スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルウェア・フェスティバル搬入の舞台裏

東京ドーム搬入時の舞台裏を少しご紹介します♪

テーブルウェア・フェスティバル2011

何しろ初めてのことだったので分からない事だらけでしたが、
今まで15年以上楽しんできたテーブルウェア・フェスティバルの舞台裏を見れて
とても楽しかったし、良い経験をさせて頂きました。

テーブルウェア・フェスティバル2011

コンテスト出展者の搬入時間は10:00~20:00まで。
朝10時に会場に到着すると、
展示コーナーや販売コーナーでは既に着々と展示準備が進められていました。
トラックなどの車両もたくさん入ってきています。
荷物であふれかえっているこの場所が夜になればきれいに整えられ、
明日にはフェスティバルが開幕するんだなぁと思いながら、
自分のブースへと向かいました。

テーブルウェア・フェスティバル2011

約3m×2mのブースにテーブルがひとつ。
壁はアイボリーホワイトで床にはグレーのカーペットが敷いてあります。
テーブルは自分で持ち込む方と主催者からお借りする方がいますが、
私はお借りしました。(いくつかサイズを選べます)

テーブルウェア・フェスティバル2011

まずは床から。
搬入時はMakkoさんと叔母が手伝ってくれました!
Makkoさんは車を出してくれたり、いろいろな工具を貸してくれたり、
そして、こんな準備段階の写真も撮ってくれていました~。
Makkoさん、叔母さん、どうもありがとう!!!

この床がなかなかのくせもので思いのほか時間がかかりました。
私が用意したのはヘリンボーン柄のクッションフロア。
イギリスでは細長い木材を互い違いに組んだこのヘリンボーン柄が
多く見られると聞いてこれにしたのですが、柄合わせが難しく・・・
いや、柄合わせと言うより、店舗用のしっかりしたクッションフロアだったからか
まっすぐに切る事が素人にはとっても難しかったのです。
紆余曲折を経てとある方法で対応。
時間はかかりましたが、まあまあ上手くいってひと安心。
そうそう、今後の方のために・・・クッションフロアを貼るための専用テープを
用意したのですが、もともと敷いてあるグレーのカーペットには
ほとんど粘着しませんでした(泣)

テーブルウェア・フェスティバル2011

本格的にセッティングする前に、
テーブルと椅子、ランプの位置をどう置くか悩み中。
物が散乱していてお見苦しい画像でスミマセン~。でもこれが実情!?
あら、私だけ???(笑)

見て下さる方の導線を考えた上で、納得いくまで検討しました。
(これが後で悲しい結末を迎えるとは・・・この時は思ってもいなかったです)

テーブルウェア・フェスティバル2011

額を壁に取り付けたらだいたい完成。
最後はひとりで残って微調整をしました。はぁ疲れた~。でも心地よい疲労感。
いろいろ反省点やこうしたかったという点はありますが、
初めてなのでこんなものかな、
またいつの日か機会をもらえればこの日のことを活かしたいです。

で、最後の最後に待っていた悲しい出来事。
終了時間ギリギリの19:50に、設営が終了した旨を受付に伝えに行ったら・・・
お客さんの導線(お客さんがどちらへ流れていくか)が当初聞いていたものとは
逆だった事が判明したのです!
私はもともとテーブルを斜めに置こうと思っていたので、導線がとても重要。
なので作業を始める前に、まず係りの人に導線を確認しに行ったのです。
ブース番号を伝え「ならばこちらからになります」と言われ、疑いもしなかった私。
ちゃんと自分でもっと確認すれば良かったんですよね。。。
だから結局は自分が悪いのかもしれませんが、このやり場のない悲しみ。
制限時間10分前となった今、たった一人では何も出来ません。
周りからすればたいした事ではないかもしれないけれど、
10時間かけてこだわってセッティングした直後だったこともあり、
それはそれは本当に落ち込んで岐路につきました。
あまりのショックで乗換駅で降りるのを忘れ、さらに自宅の最寄り駅も
乗り過ごした程です。
家に着いたらSくんの目が真っ赤で、どうやら寂しくて寝れずに泣いていたとの事。
それを見たら余計に悲しくなりました。
セッティング中はあれほどお腹がすいていたのにすっかり食欲も失せ、
夫が用意してくれていた節分の恵方巻きも食べずにSくんと一緒にふて寝。

こうして長い長い1日が終わったのです。

電話やメールでいろいろ慰めてもらったお陰と、
いつまでもイジケていると運気が逃げていきそうだから前向きに!と自分でも感じ、
翌日は元気に復活しておりました。

次回、展示させて頂いたテーブルを紹介して、ドーム日記を終わりにしたいと
思います。

ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
 ランキングに参加しています。
↑応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです。
スポンサーサイト

Comment

No title

とてもステキでしたよ~♪
結局最終日に足を運んだのですが、ブース番号をインフォメーションで尋ねて直行したら順路とは逆に進んでしまい悠さんのテーブルは私の視野にとてもスムーズに入ってきました(笑)。
それにご一緒したお友達はウィリアムモリスの大ファンらしくとても気に入っていましたよ♪

色々と大変だったでしょうが是非また出展なさって私たちを楽しませて下さいね。お疲れさまでした。

そんなことがあったなんて!

そんなことがあったのですね~(~o~)
あれだけの完成度ですから、それはショックだったことでしょうね。
でも、あの角度と方向が私は好きです♪
今度、いろーんなことゆっくり聞かせてくださいね!

知らなかった~!

そんなことがあったの?導線??完璧に思えたんだけれど。
私は回ってみる順序とか考えずにぐるっと見て回っておりました。いろいろなことを考えて配置しないといけないのだね。全てが計算されていることなんだね。ますます尊敬します。展示とてもすばらしかったです!

Chihiroさんへ

ありがとうございます!真っ先に見て下さったなんて大感激です☆
私は最後の列だったので逆に進まれた方も多かったようで、
その点は不幸中の幸いでした。
ドームに向けての準備中、なかなか思うような小物とかが見つからず、
Chihiroさんのセレクトショップが懐かしくなりました。。。

louiseさんへ

本当にただの自己満足の世界ですよね(笑) 
でも「やっと終わった~」という直後だったのでもうガッカリでした。
今となっては良い勉強になりましたが・・・
それはそうとテーブルウェア展の直前にlouiseさんとお知り合いになれて、
ドームで会えたり、こうやってやり取りできる事がとっても嬉しいです♪

umemikanちゃんへ

ちょっとちょっと~、褒めすぎじゃない?(笑)
「全て計算していました」なんて格好いいコト、言ってみた~い♪
今年はumemikanちゃん好みのテーブルはあったかな?
また近いうちに会いたいね~。

おつかれさまでした

はじめまして、ゆきと申します。
お気に入りにいれて、ブログにおじゃましてから1年以上ですが
コメントは初めてです!
ドームでは、しっかり拝見してきました~☆
(舞台裏はやはり想像以上に大変なのですね)
私はとても気に入りました!!
ちょっと異国情緒がありながら
・・・落ち着いて溶け込める空間だったと思います。
私もテーブルコーディネートを学んで数年ですが、
最近思うことは
ゲストが心地よくくつろげる空間であることが大切だと
感じます。
素敵な大人のテーブルだと思いました!
おつかれさまでした。^^

ゆきさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます♪
長いこと読んでいて下さったなんて、とっても嬉しいです。
そして今回のテーブルに対してありがたいお言葉をかけて頂き、
感激しています。展示してみてあらためて自分はまだまだだと感じる事も
多々ありましたが、とても良い勉強になりました。
ゆきさんもテーブルコーディネートをなさっているとの事。
もしブログをされていたらぜひ教えて下さい~。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。