スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエを見て、パリを懐かしむ・・・

レニングラード国立バレエ 『白鳥の湖』 を見てきました。
『白鳥の湖』と言えば、バレエの定番中の定番ですね。
このレニングラード国立バレエ団は、ロシアのサンクトペテルブルグで生まれた
170余年の伝統を誇る名門バレエ団だそう。
これは期待が高まります!

そして実際、全3幕・約3時間の公演があっという間だった程、引き込まれました。
美しいオーケストラの音色に軽やかなステップ・・・
バレエのことは何にも知らないけれど、本物はやっぱりイイ!
バレリーナたちが本当に白鳥に見えるのです!!!
でも幕間に隣の席の小さな女の子が、専門的に分析しながら感想を言っているのを
見て、自分が情けなくなりました(笑)
もちろんバレエをやってる子なんでしょうけど。
今回のものは原作に忠実で悲劇のお話だったのですが、
旧ソ連時代は悲劇が好まれず、ハッピーエンドが主流だったそうです。
そして物語に出てくる王子、貴族、農民といった身分差も、
ソ連時代はみな平等だったとか。

これからはバレエやオペラに触れる機会をもっと増やしたいなぁと思いました。
そしていつか、サンクトペテルブルグで本場のバレエをぜひ!と夢は膨らみます。
サンクトペテルブルグにはあの有名なエルミタージュ美術館もありますし、ね。


     opera

そして思いを馳せるのはパリの『オペラ座』です。
1年間パリに住んでいて、ここでバレエを見たのはたった一度だけ・・・
見ようと思っていたものはチケット完売だったり、いつでも行けると思うと、
また今度でいいやと思ってしまったり。

     opera

これはオペラ座に入ってすぐの写真です。
ここまでは自由に入れるので、この風景は何度も見たんですけどね(笑)

     opera

豪華な客席。こういう空間が、素晴らしい公演をさらに引き立てるのでしょう。
昼間は有料で内部見学が出来るようになっていて、
日本から両親が遊びに来た時に私も一緒に見学をしました。

     opera

天井画はシャガールの作品『夢の花束』です。
下の写真のように宮殿を思わせるゴージャスな部屋もありました。

         opera


レニングラード国立バレエ ホームページ
http://www.leningrad-ballet.jp/index.html


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
スポンサーサイト

Comment

No title

昨日会った知人、どうやら悠さんと同じバレエ公演を観てきた
ようで、パンフレットを見せてもらいました。私はその写真を見る
だけで、うっとりでした(笑)

No title

e-124ひろさん
有楽町の東京国際フォーラムで見たのですが、
満席だったので人気があるのでしょうね。子供もたくさん。
バレエはとってもステキでした。
でもやっぱりパリのオペラ座のような雰囲気のある場所で見たいな~。
国際フォーラムはきれいで近代的ではあるけれど・・・

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。