スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりっぷり! ムール貝の白ワイン蒸し (簡単レシピ)

7月の頭あたりから近所の魚屋さんでムール貝を見かける事が多くなりました。
ムール貝大好き!
フランスでは年中お安く手に入ったので、パリ留学中はよく食べていました。
パエリアに入れたり、香草パン粉をかけて焼いたり・・・

でも、一番好きなのはシンプルにワイン蒸し。
作り方はとっても簡単なのに、ムール貝の美味しさが堪能できます。

     ムール貝の白ワイン蒸し

【材料(2人分)】
ムール貝 20個程度 白ワイン 100cc にんにく 1片(みじん切り)
セロリ 1/2本 長ネギ 1/2本(ともに小口切り) オリーブ油 粗挽き胡椒

【作り方】
①ムール貝は貝同士をこすり合わせて洗い、ひげを引っ張って取り除いておく。
②鍋にオリーブ油を熱し、野菜類を入れて軽く炒める。
③しんなりしたらムール貝と白ワインを加え、ふたをして強火で2~3分。
  ムール貝が開いたら出来上がり。胡椒とあればパセリのみじん切りをふる。

身がぷりっぷりでジューシーなものが美味しいので、火の入れ過ぎにはご注意を。

このお料理はベルギーの名物料理です。
ベルギー人はムール貝が大好きなのだそう。
以前ベルギーに旅行をした時に驚いた事があります。
とあるビストロに入った時、前菜・メイン・デザートをそれぞれ好きに選べたので
前菜に私は名物のムール貝の白ワイン蒸しを選びました。
運ばれてきてビックリ! ムール貝が鍋ごと山盛りで出てきたのです。
目を疑うような量でした。食べながら数えると42個。(数える私も私ですが 笑)
これで1人分ですよ。しかも前菜、これからメインとデザートが待っているというのに。
もちろん1人じゃ食べきれないので一緒に行った夫とシェアしました。
夫が頼んだ前菜は何だか忘れてしまいましたが、そちらの量は普通だったので
ムール貝が特別なのだと思います。
「1人じゃこんなに食べられないよね~」と話しながら近くの席に目をやると、
地元の人と思われるお年寄りの方々が皆ムール貝を食べていたのです。
楽しくおしゃべりしながら1人ひと鍋。そして当然のように完食。すごいなぁ。
今でもこの時の事はよく覚えています。

     ムール貝の白ワイン蒸し

最後にムール貝の食べ方を。
こんな風に食べ終わった殻をトングのようにして、ムール貝の身を挟んで頂くのが
本場のやり方。そのベルギーのビストロでは皆さんそうやって食べていました。
これだけで何だか通になった気分がします(笑)


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ ランキングに参加しています。
↑応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです。
スポンサーサイト

Comment

No title

今度、お店にいったらこの食べ方します!!ほんと、それだけで通になった気分!!(笑)
私もワイン蒸が一番好きかもしれないです~。といっても、私は自分でムール貝を買ったことはないですが・・

ムール貝

ワタシもムール貝大好きです。
マルセイユでいただいたのは、生クリーム風だったと思いますが、
バケツで出てきたのには驚きました。でも、ペロっとたいらげてしまいました。
また、ブルージュでいただいたムール貝は、ワイン蒸しであっさりいただきました。

お腹いっぱい食べたいです。今が旬なのですね。
ムール貝の洗い方といただき方を伺ったので
今度、是非挑戦してみたいと思います。

sakuoさんへ

日本では普段ムール貝はあまり見かけないので、
自分で買って調理する機会は多くないかもしれませんね。
夏が旬らしいので、もし見かけたら挑戦してみて下さ~い。
日本のお店でこの食べ方をしたら、「あの人、手で食べてる~」
と思われちゃったりして!?

キャロリンさんへ

フランスやベルギーではたいてい鍋にごそっと出てきますが、バケツとはさらに
ビックリです! 港町のマルセイユらしいですね。
シンプルなワイン蒸しの他、おっしゃるようにクリームソース、そしてトマトソース
の3つがメジャーなようです。
冷凍物とはやはりぷりぷり感が違うと思いますので、旬な今のうちにぜひ!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。