スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーをもらった日

先日、雑誌『Mart』の撮影のため都内某スタジオへ行ってきました。
編集者、ライター、カメラマン、フードコーディネーターにスタイリスト。
ひとつの記事を書くのにたくさんの方が携わっています。
今まで雑誌はぱらぱらと写真を眺めて終わり、と言う事が多かったのですが、
こうやって現場を少し体験させて頂くと、紙面を作り上げる大変さがよく分かり、
雑誌を見る視点も変わりそうです。

今回カメラマンさんは男性でしたが、他の方はみな女性。
家庭があったり、お子さんがいたりするのに、
あの大変なお仕事と上手に両立されていて本当にすごいなぁと感じます。
Martさんからの試作依頼は、その期限が短くて最初は驚いたものですが、
編集スタッフの方はいつも時間との、締め切りとの戦いなのでしょうね。
頂いたメールの送信時間を見ると深夜遅くだったり、早朝だったり。
一体毎日どんなスケジュールなのでしょう?
でも忙しい人ほど時間の使い方が上手かったりしますよね。
忙しいのにそれを見せず、イキイキとしているのって素敵です。

私はちょこっと出るだけなので撮影はあっという間に終わりましたが、
たくさんパワーをもらった気がします。

*o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:..。o○☆*

その後、神楽坂にある美味しくて可愛いケーキ屋さん『アミティエ』へ。(HPはこちら)
息子を見ててくれた夫へのお礼にケーキを買いました。
と言うのは建前で本当は自分が食べたかっただけですが・・・(笑)

こちらのケーキ屋さんはパリのコルドンブルーを卒業された女性が開いて
いらっしゃるお店です。
私が渡仏するより前に卒業されたので学校ではお会いしていないのですが、
春にコルドンパリ校卒業生の小さな集まりがあってお話しする機会がありました。
学校を卒業する事自体は難しくありませんが、
そこで学んだ事をいかしてケーキ屋さんを開き、そして維持していくのは大変な事。
拘束時間も長いでしょうし体力的にも大変、その他いろいろご苦労があるでしょう。
でもこのパティシエールさんもまたそういうのを見せないのです。
穏やかな口調の中に感じる芯の強さを、お話をしている中で感じました。

と、前置きが長くなってしまいましたが、今回頂いたケーキはこちら。

       アミティエ

『フォレ・ノワール(手前)』と『ルレ・オ・フリュイ(奥)』です。
フォレ・ノワールは「黒い森」を意味し、今が旬のチェリーが入ったケーキ。
HPを見て「これ食べたい!」と思っていました。
洋酒がほんのりきいているチェリーと、挟んである生クリームがとっても美味しい。
ルレ・オ・フリュイはパティシエールさんお勧めの一品。
コクのあるクリーム&フルーツいろいろが嬉しい限りです。

素敵な女性達を見て、美味しいケーキを食べて、さぁ私も頑張ろうっと♪


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ ランキングに参加しています。
↑応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。