スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食用菊で 『重陽の節句』 ご膳

9月9日は五節句のひとつ『重陽の節句』でした。
中国の陰陽思想において奇数は縁起のよい陽の数とされ、
一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を「重陽」と呼び、
大変めでたい日とされていたそうです。
また旧暦では菊が咲く季節であることから、菊の節句とも呼ばれています。

そこで今日の夕食は重陽の節句ご膳に。
なんて言うとすごい献立を想像されてしまいそうですが、何て事はない、
スーパーで食用菊を買って、普通の夕食のメニューに花びらを散らしただけです♪
手抜きしすぎ!? でも雰囲気は出たのでOKとしましょう(笑)

         重陽の節句

飯:鶏五目ごはんに菊の花びらをパラパラ~
汁:お豆腐を月に見立てたお吸い物にこれまた花びらをパラパラ~
焼き物:ブリの照り焼き たたき芋のせ
和え物:菊、ほうれん草、えのきのお浸し

それから夫用に食前酒として菊酒を用意しました。
日本酒に菊の花びらを浮かべただけですが、菊酒も重陽の節句の慣わしの1つで
菊の芳香な気高さが邪気を払い、不老長寿を保つと言われています。
奥の角皿に乗っている小鉢はお酒用に用意した珍味3点盛り(たこわさ、粒うに、
鮭の昆布巻き)です。

         重陽の節句

食後は栗羊羹。
実は羊羹、あまり好きじゃないのですが、重陽の節句に栗を食べると聞いたので
何かないかなぁと思って羊羹にしました。
本当は栗ご飯にしたかったのですが、今日はパワーがなくて断念。
そのうち作ろうと思います。


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 
スポンサーサイト

Comment

No title

悠さんこんにちは
重陽の節句は栗と菊の花を食べるんですね。
ステキなお膳です。
お盆に載せて料理出すのもたまには良いですね。

↓秋刀魚だったんですね。勘違いしてた(笑)失礼しました。

No title

v-365はなうささん
この日は菊そのものを使った料理のほか、形などを菊に見立てたものを
食べるそうです。和菓子も菊の花の形をした可愛いものが売っていました。
あとは菊湯につかったり、菊のポプリを入れた菊枕で眠ったり・・・
とてもロマンチックですよね♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。