スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインのテイスティングに♪

久しぶりのワイングッズシリーズを。今回はテイスティング関連です。
(第一弾はこちら、第二弾はこちらをどうぞ)

まずはテイスティンググラスとタストヴァン。
どちらもフランスに住んでいた時にもらいました。

         ティスティンググッズ

テイスティンググラスはワインの展示会『SALON DES VINS』に行った時に
試飲用に渡され、そのままお土産としてもらったものです。
テイスティンググラスの国際規格は
「高さ155mm±5、径65mm±2、容量210ML~225ML」だそう。
手前の銀色のものは「タストヴァン(タートヴァン)」と言って、
ワインの味、色、光沢などを調べる時に用いる小皿です。
さざ波状のへこんでいるところで、特に白ワインの輝きを、
小さな円状の突起しているところで、赤ワインの輝きを見るのに役立つのだとか。
このタストヴァンはワインの産地を旅行した際、
ワインカーヴで試飲する時に頂きました。
たいていのカーヴでは入場料(試飲料?)を払うとこれをくれるので
いくつかたまりました。

そして奮発して買った「LE NEZ DU VIN(ル・ネ・デュ・ヴァン」
「NEZ」とはフランス語で「鼻」を意味し、
これはワインの複雑な香りを嗅ぎ分ける訓練用に開発された香りの標本です。

     NEZ DU VIN

カシス、レモン、苺などの果実の香り、バラやスミレなどの花の香り、
その他カカオ、ナッツ、黒トリュフ、胡椒、バターなどいろんなタイプの香りが
全部で54種類、小さな瓶に詰まっています。
香り当てゲームとしても楽しめますよ!

     NEZ DU VIN

この「Le Nez du Vin」、臭い匂いシリーズもあるそうで、
小瓶の中身は硫黄、カビ、腐った卵、熟れ過ぎたリンゴ・・・etc
の匂いが詰まっているようです。
そんな匂いのするワインって一体どんなもの!?

最後にワイン用の温度計を。
ワインは温度によって香りや味覚が変わる繊細な飲み物。
と言っても我が家では安ワインがメインなので、残念ながら出番なし・・・
写真を撮るため「温度計どこだっけかな~」とゴソゴソ探しました(笑)

     ワイン温度計

右のタイプはこんな感じでボトルにはめこんで使います。
通常の温度計だと先端をワインに浸すのでなんとなく抵抗がありそうですが、
こちらはその心配なし。
ボトルにははめるだけで温度が表示され、飲み頃温度が分かります。

         ワイン温度計

調理道具も含め、私は道具や小物類を集めるのが大好きです。
いわゆる「集めて満足する」タイプ(笑)
だから今回のグッズも使うことはほとんどないのですが、集める過程が楽しくて♪
でも案外こういうタイプの人、多いですよね?そんな事ないですか???


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 
スポンサーサイト

Comment

No title

臭い匂いシリーズって。。。(苦笑)
腐った玉子や熟れすぎたリンゴってまるで『雨にぬれたイヌの匂い』のデオドラントbyモンスターズインクみたいですね。
こんなところばかりに目が行く私もいかがなもんですが。
それにしてもテイスティングのアイテムって色々あるのですねえ。

No title

v-272Pattyさん
臭い匂いって何それ!?と思いつつも気になっちゃいますね。
雨にぬれたイヌの匂いも独特だって聞きますよね~。
私はまだ知らないですが・・・
この「Nez du Vin」の赤ワインシリーズにはスカンクの臭いの小瓶が
入っていましたが、かなり臭かったです!

ワイン香りの標本について

はじめまして
早速ですが教えていただきたいことがあります。
香りの標本54種類が紹介されていますが
どのようにして購入すればよいか教えてください
よろしくお願いします

No title

v-272藤巻 秀樹さま
はじめまして。
私はこちらの標本をフランスで購入しましたので、
残念ながら日本ではどこで売っているか分かりません。
以前「Nez du vin」で検索したところいくつかヒットしましたが、
フランスで買うよりだいぶ高かった記憶があります。
お役に立てず申し訳ございません。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。