スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに和食でおもてなし

この前の日曜日、義両親が遊びに来てくれました♪
「体大変だろうから何もしなくていいよ~。お茶だけでいいから」
と言って下さったのですが、どうせ自分たちの分のお昼を作るのだから、と
一緒にランチを食べることにしました。
でも、お言葉に甘えて、(おもてなしにしては)品数少なめ・・・です(笑)

         和食でおもてなし

今回は和食です。まずは前菜、お造り、蒸し物。

     和食でおもてなし

前菜は盛り合わせで。
和洋問わず、前菜は何点か盛り合わせにする事が多いです。
いろんなものを少しずつの方が見ても食べても楽しいかなぁと思って。

         和食でおもてなし

写真奥から時計回りに「菊花もずく」「胡瓜と貝割れの生ハム巻き」「木の葉芋」
「秋刀魚南蛮漬け」「黒胡麻豆腐」です。

お造りは買ってきたお刺身数点を盛っただけ。

         和食でおもてなし

蒸し物は秋によく作る「菊花かぶら 鶏肉射込み」
包丁で菊の花のようにかぶに切込みを入れるのが多少手間ではありますが、
見た目がキレイなのでおもてなしにピッタリ。
かぶの中に鶏ひき肉を詰めて蒸し、和風あんをかけています。

         和食でおもてなし

それから「鰻のひつまぶし」「お吸い物」「香の物」をお出ししましたが、
写真を撮っていないので、
料理がのっていないセッティングを試した時のものをのせます。

この後、フルーツとちょっとしたお菓子で終了。
楽しんでもらえたようで嬉しいな。私も元気をもらいました!


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 
スポンサーサイト

LADUREEでお茶♪ そして、日本橋にも!

ようやく銀座三越のラデュレでティータイムを楽しむ事ができました!

   LADUREE LADUREE

オープン当時のような大混雑はないものの、平日ですが20分ほど待って中へ・・・
店内は3つの雰囲気の異なるエリアがあり、私たちは一番奥のサロンに案内され
ました。個人的には一番手前のサロンが好みだったので残念。

   LADUREE LADUREE

ケーキは迷いに迷って、私は「サントノーレ フレーズ・ピスターシュ」(写真左)を、
お友達は「ルリジューズ ペタル・ド・ローズ(写真右)を注文。
そうそう、この食器! このティーポット! どれもパリと同じだ~と感激☆
やっぱりこのラデュレカラーは可愛いなぁ。
でも、ケーキはパリのものに比べて小さいし、味も違うような・・・
マカロンは空輸だけど、ケーキ類は日本製なので仕方ないのかな。
それに、この日はなんと10種類以上ある紅茶類が全て売り切れだったんです!!!
全て売り切れってどういう事~って感じですよね。
結局、スミレの香りの中国茶を頂く事にしました。

ぜひ一度行ってみたかったので念願が叶って良かったけれど、
やっぱりパリとは何かが違う。。。
前にマカロンをテイクアウトで購入した時は美味しくて満足したので、
日本のラデュレではマカロン専門になりそうです。

P.S. 銀座三越につづき、日本橋の三越でも10月1日にラデュレがオープン
   するみたいですね! 詳しくはこちらをどうぞ。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

料理教室を振り返って

先月で料理教室をいったん休止して、なんだか急にやる事がなくなって
しまった感じがします。月に数回だけの教室だったのに!
でも、メニューを考え、試作をし、レジュメを作り・・・と準備には想像以上に時間が
かかるもの。これは教室を実際に始めてみてつくづく実感しました。
ささっと決まることもあれば、初回の数日前までレシピが決まらず、
「どうしよう、どうしよう・・・」と焦ったり。
もちろん好きでやっている事なので、準備段階から楽しんではいるのですが、
やっぱり不安になったり、大変だと思うこともありました。
そんな時、参加して下さった方の「楽しかった」とか「家で作りました」の言葉が
どんなに嬉しく励みになったことか!

   テーブルコーディネート テーブルコーディネート
       2007年10月        2007年12月

知り合いに参加してもらって料理教室の練習を始めたのが昨年の9月。
それを含めるとちょうど丸1年やらせて頂きました。
その1年間のテーブルコーディネートを全部ではないですが、のせてみましたので
良かったらお付き合い下さい♪

2007年10月・・・ちょっぴりハロウィンを意識したテーブル
2007年12月・・・北欧風クリスマステーブル

本格的に教室をオープンしたのがこのクリスマスの回。
今でもついこないだの事のように覚えています。
メールや電話で問い合わせを受け「どうしよう~」とパニック。
自分で募集しておきながら知り合い以外に来てくれる人がいるとは
思っていなかったので、それはそれは焦りました。
どのようにメールを返したら良いのか分からなければ、
場所案内の地図も作っていない! 
今ではその方と笑い話にしていますけど・・・
問い合わせだけで焦っていたのだから、教室の前日なんてもう大パニック。
眠れませんでした~。

テーブルコーディネート テーブルコーディネート
     2008年1月        2008年2月

2008年1月・・・シック・バレンタイン
2008年2月・・・女友達と祝うひな祭りのテーブル

テーブルコーディネート テーブルコーディネート
     2008年3月        2008年5月

2008年3月・・・春を告げるイースターテーブル
2008年5月・・・初夏のガーデンパーティー

テーブルコーディネート テーブルコーディネート
     2007年6月        2007年8月

2008年6月・・・幸せを呼ぶジューンブライドテーブル
2008年8月・・・おうちでビストロ

写真にはないですが4月と7月にフランス地方料理の会を行いました。
これは教室を始めた時からぜひやりたいと思っていた事です。
教室を再開したら、この地方料理の会もまた不定期で行いたいので
お休みしている間にいろいろ試作してみなくては!

パリから帰国して漠然といつか料理教室をやりたいと思っていました。
でもどのように始めたらいいんだろう?
料理教室に通ったことがないので、他の人がどのようにやっているかも分からない。
自信もないし・・・で、始めるのはまだ早いと思っていました。
でも家族等の励まし・アドバイスで思い切って始めることに。
「先延ばしにしているうちにパリでの事を忘れてしまう」
「じゃあ、いつになれば自信を持って始められるのか?」
「1年先でも2年先でも始める時は絶対不安になるもの」
今振り返ってみても本当にその通りでした。
どんなに勉強したとしても、もう充分という事はありえないし、
始める時は誰だって程度の差こそあれ、不安や心配になるもの。
どこかで「教室をやりたいと思っている人はたくさんいるけれど、
実際に始めてみる人は少ない。そして続ける人はごく少数。
まずは1年続けよう」という言葉をみかけました。
その言葉を胸にまずは始めて、1年続けるという事を目標にしたのです。
それをなんとかクリア出来たのは家族等、応援してくれる人がいたから、
そして来て下さる生徒さんがいたから。
リピートして通って下さる方も結構いて、すごくありがたく思います。
トラブル等が一度もなかったどころか、
皆さん良い方ばかりで本当に恵まれていました。
そして皆さんいろいろな事にお詳しくて、教えて頂くことがたくさんありました。
改めてどうもありがとうございました。

最後に。
なんで教室を休止したか、時々メール等で聞かれるので思い切って公表すると、
実は妊娠しておりまして順調にいけば11月に出産予定です。
少しずつ教室も軌道に乗りはじめたので中断するのは残念ですが、
出産自体はとても嬉しい事なので、このお休み期間中に試作をしたり、
教室をより良くするにはどうしたらいいか考えたりしたいと思います。
ここで一度考える時間があるのも良かったかも、とポジティブに!
今の目標は春に再開する事。
小さな目標を常に持って、焦らず着実にクリアしていきたいです。

独り言のような事に長々とお付き合い頂き、どうもありがとうございました!


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

今週のランチは 「さようなら夏」

最近、ぐっと過ごしやすくなりましたね。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、
夏は本当に終わったんだなぁと感じます。

そして食欲の秋到来!

ですが、今週のお昼ごはんはこれが最後と、去りゆく夏を惜しむものばかり
作って食べています。

    冷やし中華 冷麺 冷しゃぶ

写真左から冷やし中華、冷麺、冷しゃぶ・・・
季節はずれな上、あまりに普通なので写真は小さめにしました(笑)

冷麺やつけ面はわりと食べたものの、冷やし中華はこの夏2回だけ!
(だって夫があまり好きではないらしく・・・とちょっと愚痴)
冷しゃぶも我が家の夏の定番でした。冷しゃぶの時はたいてい豚肉。
そして火を入れすぎずピンク色の状態で頂くのがこだわりです。
以前勤めていた日本料理店で、冷しゃぶを茹でるのはやらせてもらっていましたが、
牛肉はあっという間に黒くなってしまい、とても気を使っていた事を思い出します。
茹でるときは絶対沸騰させず、1枚ずつさっとしゃぶしゃぶし、冷水にとって・・・
氷水につけっぱなしにしても脂が固まってしまうので、
ある程度冷やしたらキッチンペーパーなどで水気を取り、
特にキレイな面が出るように折りたたんで、といった感じでした。

そんな懐かしい思い出と共に、夏ごはんもさようなら~。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

眺めているだけで幸せ・・・アンティーク

このブログを読んで下さっている方の中にはアンティーク好きな人も
多いのではないでしょうか?

私もそのひとり。
でも、まだほとんど持っていないですし、これから先もきっと少しずつしか
増やすことは出来ないでしょう。ただ、素敵なものとの出会いがあった時、
自分で見極められる目を持っていたいなぁと思っていました。

そんな時に出会ったのがこちらの本。
大原千晴さんの『食卓のアンティークシルバー』です。
もう写真の美しさにうっとり。まさに眺めているだけで幸せになる本でした。
もちろん銀器の解説もしっかり書かれていますし、
ロンドンのマーケットの情報もあって「いつか行きたいなぁ」と思ってしまいます。

         アンティーク本

そして大原千晴さんのお母様である大原照子さんが書かれたこれらの本も
美しいアンティークの数々がたくさん紹介されていてお勧めです!

         アンティーク本

実物のアンティークに触れる機会は残念ながらあまりないですが、
本なら好きな時に好きなだけ見ることができます。
写真集のようなこの3冊をパラパラと眺めるのは、私にとって癒しの時間です♪


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

秋のアフタヌーンティーパーティー

昨日、我が家でプチお茶会をしました。
台風を心配していたものの、起きてみたらお天気でホッ。

小さなお茶会とは言えせっかく開くならと、公民館の図書館でイギリスの紅茶&
アフタヌーンティー関係の本を何冊か借りて読んでみました。
いや、読んだと言うよりも眺めていただけなので勉強になったかは疑問ですが、
当日に向けてのワクワク感はアップしました! 自己満足☆
そして「食べきれないほどティーフードを用意した方がいい」という事が分かったので
それだけは実践してみました。

         アフタヌーンティー

まずはアフタヌーンティーに欠かせないスコーン!
イギリス人の女の子が初めて習うお菓子だそうですね。
ちょっと前に作ってみた時、焼き色がイマイチだったので、
今回は焼く前に溶き卵を塗ってリベンジ。(前回は牛乳を塗りました)
基本のプレーン生地の他に抹茶&小豆スコーンも。
お約束のクロテッドクリームと、ピエールエルメのジャムを添えました。

         アフタヌーンティー

嬉しい事に昨日、パンやスコーンを包むナプキンを頂いたんです。
刺繍入りなので見た目も素敵ですが、これに包んでおけば温かさも保てて
一石二鳥! 次回からはぜひ使わせて頂こうと思います。

それから写真はないのですが、サンドイッチ3種。アフタヌーンティーらしく小ぶりに、
そしてキュウリをはさんだキューカンバーサンドは外せません。
他に卵サンドとスモークサーモンサンドを用意しました。

         アフタヌーンティー

もう1品、お腹になるものをと作ったのがキッシュ。
秋なのでいろいろキノコ(しめじ、えのき、舞茸)のキッシュです。

         アフタヌーンティー

甘いものもいくつか作りました。写真はイチジクのタルト。
実は最初のお客様がいらした時、まだタルトケースだけの状態!
相変わらずのバタバタさに自分でも情けなくなりますが、
とりあえず猛スピードでカスタードクリームをつめてイチジクを切って盛り付けました。
5分くらいで仕上げたのでよく見ると雑です・・・ゴメンなさい。
でも皆さん美味しいと言って下さり、その優しさに感激。

写真奥は洋ナシのコンポートです。これはちゃんと前日に準備完了~。
他にフィナンシェとコーヒーサブレも焼いたのですが、写真を撮るのを忘れました。

         アフタヌーンティー

お茶は全部で3種類。
まずはウェルカムドリンクとしてのアイスティー。グレープフルーツジュースと
二層にするはずが、うまく出来なくてガッカリ・・・
それからフォションのダージリンティー、最後にさっぱりとジャスミンティー(花茶)。
写真左に写っているころんとしたのがそれで、
お湯を注ぐと赤い花がキレイに開くので見た目も可愛いです。

なんだか今回は焼くものばっかりで、こんなにオーブンを使ったのは初めてかも。
それぞれの生地を仕込んでオーブンで焼いて・・・の繰り返し。
なんだか小さなお店を始めた気分になり、準備も楽しかったです。
来て下さった皆様、どうもありがとうございました♪


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

銀磨き!

明日は我が家でプチお茶会です。楽しみ~。
でも、その前にやらねばならないアレが・・・ 

それは銀磨き!

お茶を飲みながら専用クロスで拭き拭き。
ピカピカになっていく銀器たちを見ていると癒されるわ~。

         銀器

と言いたいところですが、残念ながらそんな性格ではなく・・・(笑)

実際は「あ~疲れた。面倒くさ~い」と言いながらお菓子をパクパク。
おやつの方に夢中になり、いっこうにはかどらないのでした。
そもそも普段からちゃんとお手入れしていれば前日になって慌てることもないのに、
ずぼらな私はそれが出来ません。
あまりキレイになっていないけど、大目に見て下さいね。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

フォションでティータイム♪

昨日から日本橋高島屋で開催中の『フランス展』
早速行って来た母から嬉しい差し入れがありました♪

フォションのエクレア&紅茶(ダージリンティー)です。美味しい差し入れは大歓迎!

         フォション

実にフォションらしいカラフルでキュートなエクレア! パリを思い出すなぁ。。。

     フォション
          どれもインパクト大のフォションのエクレア

日本ではシュークリームの方がメジャーな気がしますが、パリでは逆。
そして日本のようにフワフワでぽっちゃりした(?)見た目ではなく、
このフォションのようにすっと細長くて皮もパリッとしているものが多かったです。

         フォション

夕食後にお待ちかねのティータイム。(画像が暗くてイマイチですが・・・)
フォションの紅茶とともに味わえるなんて、めったにない優雅なひと時です。
トリコロールのエクレア「ブルー・ブラン・ルージュ(¥578)」はフランス展限定品。
中のクリームは何だろうと考えながら食べたけど、分かりませんでした。
チョコレートのてんとう虫がのっている可愛いエクレア「コクシフルール(¥525)」は
オレンジ、バイオレット、ローズの3種類のクリーム入りです。
他にも今までの限定商品が全部で15種類出ているそうですよ。

日本橋高島屋のフランス展は9月23日(祝)まで開催です。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

イチジクを使って・・・

先日、イチジク色のテーブルを作って楽しみましたが、いつまでも眺めていてもね。
そろそろ美味しく頂きましょう♪

最初はそのまま堪能。
それからヨーグルトに入れてメイプルシロップをかけたりも。

では、今度はお料理に!

         ハンバーグ 無花果ソース
          チーズハンバーグ 無花果ソース添え

ハンバーグの中にはカマンベールチーズを入れてあるので、ナイフで切ると
とろっとチーズが出てきます。
イチジク、ハチミツ、バルサミコ酢などで作った無花果ソース。
それから無花果のソテーも添えて・・・

         イチジクの天ぷら
                 無花果の天ぷら

つづいて和食の一品。定番の天ぷらも無花果で作ると新鮮です。
大根おろし、茗荷、ししとうを添えました。

次は中華!?
いや、いや、中華はほとんど作れないので無理だわ~。
皆様、何か良いアイディアがあったら教えて下さいませ。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

H&Mへ行ってみました。が・・・

最近話題になっているスウェーデン発のファッションブランド『H&M』
その日本1号店が9月13日、銀座にオープンしましたね。

今日は友人と銀座でランチをしたので、その後どんなものかと見に行ってきました。
銀座中央通り沿いの銀座ガスホールビル跡地、「GINZA gCUBE」の地下1階から
3階がH&Mのお店になっています。

         H&M

お店に向かって歩行者天国を歩いていくとすごい人だかり。
もしかして・・・と思ったら、案の定、長蛇の列が出来ていました。
係員さんに尋ねると、なんと2時間待ちだそう!!!

         H&M

入り口からちらっと中を覗いて、今日は撤退。

「流行のものを安く」というH&Mですが、どんな品揃えなんでしょう。
パリ店で見た時は日本人好みじゃないような気がしたのですが・・・
日本に出店するのだから、日本の流行を取り入れているのかしら?
11月に原宿店が出来るようなので、落ち着いた頃にまた来てみようっと。


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

イチジク色のテーブル

イチジクがだいぶお安くなってきました。
ドライイチジクも美味しいけれど、やっぱりフレッシュにはかないません。
お菓子に、そしてお料理に、これから旬を楽しみたいと思います。

イチジクを漢字で書くと「無花果」ですが、これは花を咲かせずに実をつけるように
見えることから来ているのだそうです。実際は実の中に小さな花をつけるため、
外からは確認できないだけで、半分に切った時に見える赤いつぶつぶこそが花。
いちじく独特の食感は花のおかげなのですね。

         イチジク

イチジクって色といい形といい、なんだか雰囲気があります。
こうやってレースペーパーに置いただけでもサマになる気がしませんか?

そんなイチジクを使って、イチジク色のテーブルを作ってみました。

         イチジク色のテーブル

適当に並べたわりには秋らしくエレガントな感じに仕上がってちょっと満足♪
イチジクの持つ妖艶さのお陰かな~?


↓2つのランキングに参加しています。
励みになるので、それぞれクリックして頂けるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

自宅ではじめる ちいさな料理教室

今日は本の紹介です。
ソニー・マガジンズ出版の『自宅ではじめる ちいさな料理教室』
偶然本屋さんで見つけて、買ってしまいました。
料理やお菓子、パン教室を自宅で開いている10人の先生方のインタビューと
レッスン風景がのっています。

         『ちいさな料理教室』

「私もいつかは自宅で・・・」という夢があるので、
こういう本を見つけると思わず手にとってしまいます。
この類の本で私が他に持っているのは、
藤枝理子さんの『サロンマダムになりませんか?』(WAVE出版)と
鬼頭郁子さんの『憧れのサロンマダム』(フォーシーズンズプレス)。
そう、今までは自宅教室=サロンマダムという感じがして、
敷居が高いと言うか、一般人の私には難しいだろうなぁと思っていました。

でも、こちらの本で紹介されていたのはいずれも等身大の教室ばかり。
小さいながらもそれぞれの先生の思いや個性が出ている、
そんな感じがしました。

自宅教室を開きたいけれど、どうしたら良いか分からない方って
結構いらっしゃるのではないでしょうか? (私も、ですが・・・)
今回参考になりそうな本を見かけましたので、ご紹介させて頂きました。


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

食用菊で 『重陽の節句』 ご膳

9月9日は五節句のひとつ『重陽の節句』でした。
中国の陰陽思想において奇数は縁起のよい陽の数とされ、
一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を「重陽」と呼び、
大変めでたい日とされていたそうです。
また旧暦では菊が咲く季節であることから、菊の節句とも呼ばれています。

そこで今日の夕食は重陽の節句ご膳に。
なんて言うとすごい献立を想像されてしまいそうですが、何て事はない、
スーパーで食用菊を買って、普通の夕食のメニューに花びらを散らしただけです♪
手抜きしすぎ!? でも雰囲気は出たのでOKとしましょう(笑)

         重陽の節句

飯:鶏五目ごはんに菊の花びらをパラパラ~
汁:お豆腐を月に見立てたお吸い物にこれまた花びらをパラパラ~
焼き物:ブリの照り焼き たたき芋のせ
和え物:菊、ほうれん草、えのきのお浸し

それから夫用に食前酒として菊酒を用意しました。
日本酒に菊の花びらを浮かべただけですが、菊酒も重陽の節句の慣わしの1つで
菊の芳香な気高さが邪気を払い、不老長寿を保つと言われています。
奥の角皿に乗っている小鉢はお酒用に用意した珍味3点盛り(たこわさ、粒うに、
鮭の昆布巻き)です。

         重陽の節句

食後は栗羊羹。
実は羊羹、あまり好きじゃないのですが、重陽の節句に栗を食べると聞いたので
何かないかなぁと思って羊羹にしました。
本当は栗ご飯にしたかったのですが、今日はパワーがなくて断念。
そのうち作ろうと思います。


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

今日のランチ☆

朝起きたら急にフォカッチャが作りたくなりました。
面倒くさがりの私が珍しい・・・と思いながら、コネコネ~。
やりたい!と思ったらやらずにはいられないのです。
生地の間には家にあった3種類のチーズ(ロックフォール、カマンベール
とろけるチーズ)を挟み、表面にはローズマリー&岩塩を。

さぁ、他は何を作ろう?
フォカッチャに時間も手間もかけたから、あとはラクしたいものです。
スーパーへ行くと、旬の秋刀魚が90円! 2人で1尾(ケチ?)お買い上げ。
そしてトマトが安かったのでこちらも購入。

本日のランチ、出来上がりました~。
手作りフォカッチャにトマトの冷製スープ、秋刀魚のムニエル 焼リゾット添えです。

         秋刀魚のポワレ 焼リゾット添え

なんとなく手間がかかってそうに見えるかもしれませんが、
結構手抜き箇所があるんですよ。

トマトスープは皮ごとハンドブレンダーで攪拌し、オリーブ油と調味料を加えて
冷やせば出来上がり。

そしてメイン。添えてあるリゾットは冷ご飯を使ったので数分で完成。
これだと食感がやっぱりおじやっぽくなるので、ここでひと手間かけました。
丸く形を整えて冷やし、その後フライパンで表面を焼くと、美味しさUP!
一度冷やしたのはその方が焼きやすいからです。
冷やしている間に秋刀魚をおろして、ムニエルに。
ソースはバルサミコ酢を電子レンジでチンしてとろっとさせればOK。
今日は手作りバジルソースが冷蔵庫にあったので2種類のソースで。

スープの冷&トマト、メインの温&秋刀魚。
秋だけどまだまだ暑い今の時期を表しているようなランチになりました♪


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

ホームパーティーを開こう♪ ~アフター編~

「ホームパーティーを開こう♪」シリーズも今日で最終回。
今回はパーティー終了後、のお話です。

終わった後、何をするかと言うと・・・洗い物に片付け!(笑)
はい、そうです。これをせずに寝れませんね・・・
確かに面倒くさいけれど、それは一瞬のことで、
次の日にはパーティーの楽しい思い出しか残ってないものです。

そして忘れないうちに私がやるのは「おもてなしノート」に記録するという事。

おもてなしノート

「いつ」「誰と」「どんなテーマで」から始まり、料理やテーブルセッティングの様子を
メモしておくのです。そして裏面にはその時の写真を貼って・・・

おもてなしノート

同じ形式で何年も前からつけているので、だいぶ記録がたまりました。
こうしておくと次回の参考にもなりますし、
同じゲストに同じ料理を出してしまうという事も防げます。
何より自分の思い出にもなるので、ぜひメモしておくことをお勧めします!

そして私はなかなか実践出来ていないのですが、
ゲストの方にお礼状を出すというのもいいですよね。
パーティー前の招待状も本当は出したいと思っているのですが、
ついついどちらも電話やメールで済ませてしまう事が多くて・・・
便利な世の中だからこそ、手紙も大事にしたいなと思う今日この頃です。
筆不精な自分への反省も込めて、書かせて頂きました。

5回に渡って自分なりのホームパーティーの開き方を書いてまいりましたが、
お付き合い下さり、どうもありがとうございました。
少しでもお役に立てたら嬉しく思います。
そして・・・おかしな点があってもご了承下さいね。
また気づいた事があったらその時に書かせて頂きます♪


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

イチジクのコンポート 抹茶クリームかけ (簡単レシピ)

旬のイチジクでコンポートを作りました。
そのままでも美味しいのですが、今日は抹茶クリームをかけて・・・

         イチジクのコンポート

【材料】
イチジク 4~6個
白ワイン 300c 砂糖 大さじ4 レモンの輪切り 4枚
生クリーム 砂糖 抹茶 各適量

【作り方】
①鍋に白ワイン、砂糖、レモンを入れて火にかける。
②沸騰したらイチジクを加え、紙の落とし蓋をして弱火で15分煮る。
③シロップごとボウルなどに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
④生クリームに砂糖を加えて泡立て、少量の湯で溶いた抹茶を加える。
⑤器にイチジクを盛り、抹茶クリームをかける。

このレシピは甘さ控えめなので、砂糖はお好みで増やして下さい。
煮た後のシロップはピンク色になっていてキレイです。
ゼリーにしてもいいし、氷で薄めてジュースとして飲んでも美味しいですよ♪


         イチジクのコンポート

こちらの赤い器はIKEAで買ったもの。
たしかカクテルグラスとして売っていたような記憶があるのですが、
我が家では前菜やデザート用として使っています。


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

8月レッスンのご報告

8月はビストロがテーマでした。
フランス語で「居酒屋」や「食堂」を意味するビストロ。
堅苦しくない雰囲気の中でフランスの家庭料理や伝統料理を味わえるとあって
日本でも人気ですよね。
ビストロという言葉は昔パリを占領していたロシア兵たちがお店で
「ビストロ、ビストロ(ロシア語で早く、早くの意味)」と食事をせがんだ事に
由来しているのだとか。

では、まずはテーブルセッティングから。

         8月 Lesson

今回は赤がメインカラーです。
テーブルの木目を生かすためクロスは使わず、直接ブリッジランナーを掛けました。
ブリッジランナーとは写真のようにテーブルの幅に対して掛ける布の事。
クロスは無地の方が使いやすかったりしますが、
ランナー類はテーブルのアクセントになるので、色や柄で遊ぶのも面白いですね。
こちらのランナーはIKEAで生地を買って作りました。

写真に写っている木は唐辛子。赤くてころんとした形が可愛いです。
でもこのようにテーブルに鉢植えを置く場合は、
鉢カバーをしたり、土を隠すなどの配慮が必要になります。

    8月 Lesson 8月 Lesson

ナプキンワークは「カトラリーホルダー」と呼ばれる折り方をご紹介しました。
名前の通りカトラリーを入れても良いし、メニューカードやネームカード入れにも。
そして日本料理の影響か、最近パリのレストランやビストロでは四角いお皿が
よく使われているので、今回は角皿をセッティングしました。

つづいてお料理です。
どれも工程が少ないので、お一人でも無理なく作れてしまうものばかり~。

         8月 Lesson

前菜の「豚肉のリエット Riellettes de porc」
豚肉と背脂で作るリエットはパリのお惣菜の定番です。
         
         8月 Lesson

メインは「鶏肉の煮込み 赤ワインビネガー風味 Poulet au vinaigre」を
作りました。こちらは美食の街として知られているリヨンの名物料理です。
簡単で万人受けすると思うので、ぜひご家庭でも作ってみて下さいね。

    8月 Lesson 8月 Lesson

デザートはこれまた定番の「クレームブリュレ Crème Brûlée」
表面に砂糖をふってバーナーで焦がす作業をみんなで楽しみました。
食後の飲み物はアイスコーヒーを二層にしてカフェ風に。

     8月 Lesson

ぜひ皆様も気軽におうちビストロを楽しんで下さいね!


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 

おうちでアフタヌーンティー

昨日で無事、8月のレッスンを終了する事が出来ました。
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございます。
レッスン報告はまた改めてさせて頂くとして・・・

         アフタヌーンティー

8月をもって私の小さな料理教室はしばらくお休みに入ります。
昨晩は夫とささやかな打ち上げをかねて外食。
そして今日の午後は自宅でひとりアフタヌーンティーを楽しみました。

         アフタヌーンティー

サンドイッチにスコーン、そして頂いたハンドメイドの焼き菓子。
あとは紅茶を用意すれば、ティータイムの準備は完了です。

料理教室反省ノートに今月の様子をメモしつつ、のんびりとお茶の時間を
楽しみました♪


皆様のお陰でランキングがアップしました!ありがとうございます。
↓励みになるので、それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。