スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇りし 輝き!

パリの蚤の市で買ったティーセット。
お手入れもせず放置していたら、当然のごとく黒ずんでいきました・・・
そして帰国時にダンボールに詰めて船便で送ったのが、ダメ押しに。
数ヵ月後に届いた時にはそれはもう真っ黒黒~。
「随分渋い色味ね」と言われた事もありました(笑)
いや、渋いのではなく、変色しているのです、と答えるのはあ~情けない。
しかし、ここまで黒くなると「磨こう!」と思いつつも重い腰があがらないのでした。

そんなある日、実家から「磨いてあげるから持ってきなさい」という天の声が~。
もちろん急いで持っていきました♪

そしたら、ちゃ~んと輝きが戻ったのです!!!

         tea set

そうそう最初はこんな感じだったよね、ティーセット  また輝いてくれました。

         VANVES

こちらも蚤の市で買ったシュガートングとティーストレーナー。

         VANVES

ティーストレーナーはこんな風にポットの注ぎ口に挿して使います。
とっても可愛くて、お気に入りです。
ちゃっかりこの2つも持って行って磨いてもらいピカピカ~
これからはちゃんとお手入れします!

蚤の市は本当に本当に楽しいところです。
買わなくたって、いろいろ見てまわるだけでもパリジェンヌ気分♪
でも、記念に何か手に入れたら思い出になりますね。
「出会ったら買う」 蚤の市では大事なことです。
私も今度買おうと思っていたものが次の日になくてガッカリしました。
ガラクタかもしれないし、良いものかもしれない。
でも自分が気に入れば、そんな事はどうだっていいって思ってしまいます。

Clignancourt Clignancourt
↑パリで一番大きい『クリニャンクールの蚤の市』

Venves Venves
↑青空の下での宝探しが楽しい『ヴァンヴの蚤の市』

これからパリへ行かれる方、お時間があればぜひ蚤の市行ってみて下さい♪


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
スポンサーサイト

プチ壮行会

今日の晩ご飯は和食をた~っぷりと。
珍味3点盛り、つぶ貝の酢味噌和え、ミニしゃぶしゃぶ、メインの天ぷら。
そしてお寿司とお吸い物。食後には水菓子&デザート付♪
あ~お腹いっぱい。

         diner


いつもだいたいこんな感じです。
と言いたいところですが、今日はちょっと豪華バージョンです。
明日から夫が10日ほど海外へ行くので、プチ壮行会を兼ねて・・・

「いつも洋食を食べてるの?」
と聞かれる事がありますが、それは有り得ませ~ん(笑)
我が家は和食の方が多いです。
パリに住んでいたときも2日に1回はご飯を炊いていたくらい。
最近は教室の試作で洋っぽいものが多くなっていますが
(だからしょちゅう同じもの~)、それでも半分は和食です。
和食と言うか、家庭料理ですけど、ね。

食べてくれる人がいないと作り甲斐がないので、
しばらくは冷蔵庫&冷凍庫整理になりそうです♪


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

2月レッスンのご報告

もうすぐ雛祭りですね。
女の子の健やかな成長を願う行事として親しまれていますが、大人になったって
お祝いしてもいいですよね!
今月のAtelier Belle Tableはそんな『大人な雛祭り』をイメージしました。

テーブルのテーマカラーはもちろんピンク♪
春らしく、そして女性らしく・・・

     lesson

フランスには雛祭りのような女の子の日、というのはありません。
それで今回はちょっと和のエッセンスを盛り込みました。
テーブルランナーに帯を、そして菱形のお重をバラして陶器のミニ雛人形と
突き出しを盛るカクテルグラスを置きました。
キャンドルスタンドには造花をのせて、ぼんぼりに見立てています。

     lesson

皆で折ったナプキンワーク。今回は「おひなさま」という折り方です。
和紙をちぎってお名前を書き、はまぐり皿にのせてネームプレートにしました。
そして写真では見づらいのですが、コースターとして売っていた花型の和紙を
カトラリーレストとして使用。
カトラリーが3つも並ぶと手持ちのレストにはのらず、どうしようかと思ったのですが、
ちょうど白とピンクの綺麗な花型コースターを見つけ、2枚をずらして使いました。

お料理は4品です。
女性同士のランチパーティーをテーマにしているので、彩りをキレイに、
あまりヘビーではないものを。
そして短時間で出来て、ある程度まで準備しておけるメニューです。
これはおもてなしの重要ポイントですよね♪

     lesson lesson

     アミューズ:グレープフルーツと海老、アボガドのカクテル
     前菜:スモークサーモンのサラダ バジルソース

どちらもあっという間に出来てしまいます。
バジルソースは日持ちがするし、いろいろ使えて便利です。

     lesson lesson

     メイン:はまぐりと菜の花のコンキリエ
     デザート:黒豆が入った抹茶のマドレーヌ

アルデンテに仕上げたいパスタもショートパスタを使えばあわてなくても大丈夫。
そして今月は食後に中国茶をお出ししました。

ご参加下さった方、どうもありがとうございました。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

少しずつ、着実に・・・

今月のお教室が終了いたしました。やっぱりホッとします。
少しずつ慣れてきたとは言え、まだまだ反省点がいっぱい。
毎回、気づいた事をノートに書き留めているのですが、
良かった点よりこうすれば良かった~の方が多くて、ひとり反省会です・・・

それでも少しずつ、着実に進歩していきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願い致します。

         lesson

当面の目標は初回を滞りなく進める事、が一番かな。
初回はすごく緊張するうえ、思っていたような時間配分になりません。
前もってこんな感じで進めよう、と考えてはいるのですが、
自分がまごついたりして思うようにいかなかったり。
今月の初回は忘れ物までして、かなり焦りました!
今回から持ち物チェックシートを作ったというのに~~~。
そしてその日は動揺を引きずってしまったかも。 これまた反省。
その日は落ち込みましたが、「そういう時もある。それを活かせばいい」
とアドバイスされ、気持ちを切り替える事が出来ました。
前回と今日は何度か来て下さっている方が多く、
皆さんに助けられながら、無事進められたように思います。

3月は下記の日程を予定しておりますので、ご興味のある方、お問い合わせ・
お申し込み、お待ちしています♪ 内容等はこちらをご覧下さい。

3月13日(木)  3月16日(日)  3月20日(祝)  3月22日(土)  3月23日(日)


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

久しぶりのガレット♪

そば粉で作るクレープ『ガレット』

先日行った日光で、自分用のお土産として何故かそば粉を買った私。
早速、ガレットを作ってみました。休日のブランチにピッタリ♪

         gallette

具は基本の「ハム・卵・チーズ」です。
シンプルですが、この組み合わせはやっぱり美味しいっ!

フランスでは焼きあがったクレープ生地やガレット生地がスーパーで簡単に&
とてもお安く手に入るので、頻繁に食べていましたが、日本ではそうはいかず・・・
久しぶりのガレットに満足しました。

そのうち料理教室でもガレットやりたいと思っています♪


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

ロマネスコの行方

先日ご紹介したロマネスコ。その後どうなったかと言いますと・・・

まずはサラダに入れて頂きました。
普通のサラダも何やら不思議なロマネスコちゃんがいるだけで、
ちょっぴり華やかな感じがします。

       romanesco


そしてパスタにも。
ブロッコリーをくたくたにしてつぶし、ソース代わりにするパスタがありますが、
そのロマネスコバージョンです。
ロマネスコの形はやっぱり見せたいので、飾り用を除いてつぶしました。
美味しいけど、これはブロッコリーの方が色が鮮やかでキレイかも。

       romanesco

う~ん、どっちも普通っぽいですね・・・

少し変わったものをと思い、サラダにパスタときたら、そうだデザートにしよう!
という事でロマネスコのミルフィーユ仕立てです♪

       romanesco

クリーム代わりにマッシュポテトを使っているので甘くはありません。
バジルソースを添えて、前菜にしてみました。
ロマネスコの可愛らしい形が引き立ったかな。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

ルーヴル美術館展 ~フランス宮廷の美~

     Louvre

東京都美術館で開催されている『ルーヴル美術館展』へ行ってきました。
ルーヴルの膨大なコレクションの中から、今回は18世紀後半の華やかな
宮廷美術を展示しています。
パリのルーヴル美術館でも絵画より工芸品を中心に見ていた私にとって、
かなり期待の展覧会♪

残念ながら想像していた ↓こんな感じのコレクションとか、

         Louvre


↓こういった家具とかはほとんどありませんでしたが、

         Louvre

繊細で豪華な工芸品の数々はなかなか見ごたえがありました。
(上の2つの写真はパリのルーヴル美術館で撮ったものです)

特にマリー・アントワネットが旅行のたびに持参したという鞄の前は
ものすごい人だかり!
その鞄の中には食器や銀器、化粧道具など必需品が90点もビッシリ
詰まっていて、その1つひとつにM・Aのロゴが入っていました。

そして展示品の中でとても多かったのが「嗅ぎ煙草入れ」
聞きなれない言葉でしたが、あちこちにその嗅ぎ煙草入れが展示されていたので
最後の方は麻痺して、あたかも普通の単語であるかのように感じてきた程(笑)
近くにいた人が「これ、小さいからたくさん日本に持ってこれたのね」と言って
いましたが、実際そうなのかも。
でもルーヴル美術館では見た記憶がないんですよねぇ、ひとつも。
嗅ぎ煙草とは煙草の粉を鼻の粘膜に付けてすう喫煙方法で、
薬としての効果があるとされ、当時は貴金属と同格の扱いだったとか。
展示してあった嗅ぎ煙草入れは、ダイヤモンドがちりばめられていたりと
とても豪華なものでした。

『ルーヴル美術館展 ~フランス宮廷の美~』は4月6日(日)まで東京都美術館、
4月26日(土)~7月6日(日)まで神戸市立博物館で開催されています。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

3月 料理教室のご案内

来月は『復活祭』をテーマに行います。
日本ではあまりなじみがありませんが、欧米ではクリスマスと並ぶくらいの
大切な日となっています。

     Paques

写真はパリのケーキ屋さん『ラデュレ』のディスプレー。
復活祭のシンボルである卵形のチョコレートがとっても可愛いですね。

       日時:3月13日(木) あと2名様です
           3月16日(日) 満席になりました
           3月20日(祝) 満席になりました
           3月22日(土) あと2名様です
           3月23日(日) あと1名様です           
           いずれも11:30AMから3時間程度
       場所:江戸川区内 コミュニティ会館
           最寄り駅は地下鉄東西線 西葛西駅です。
           詳細はお申込後メールにてご連絡いたします。
       料金:4,000円(材料費込)
           体験レッスン有(初回のみ3,500円にてご参加頂けます)
       定員:各日とも最大4名様
       メニュー:アスパラガスのグラタン Gratin d'asperges avec oeufs
              卵をソース代わりにして頂く、簡単なのに美味しいグラタン            
             お肉屋さんのポークソテー Cotes de porc charcutière
              酸味のあるソースが特徴の、家庭料理の定番です
             ウ・ア・ラ・ネージュ Oeufs a la neige
              卵白を使ったフランスの伝統的な淡雪デザート
             (パン・紅茶付、内容は変更になる場合がございます)

       レッスンの流れ 
       ①テーブルセッティングのデモンストレーション
        家庭科室のような所なので、そのまま試食すると味気ないです。
        でもテーブルクロスをかけ、ちょっとした季節の小物を飾るだけで
        雰囲気はアップするもの。簡単なセッティングですので、
        ご家庭でも取り入れて頂ければと思っています。
       ②レシピ説明
        毎回3~4品、身近な食材を使って簡単に、でもちょっとお洒落に・・・
       ③調理実習
         4名様までの少人数制なので初心者の方でも問題ありません。
         皆さんで楽しくお料理しましょう。
       ④試食
         最初にセッティングしたテーブルでご試食頂きます。
         その後、片づけをして終わり。(ご協力お願い致します)
       以上で約3時間の予定です。

            ☆ご紹介キャンペーンのお知らせ☆
     3月と4月に限り、初めて参加下さる方をご紹介して頂いた場合、
  ご紹介者様も3,500円とさせて頂きます。皆様のご参加お待ちしています。


ご質問等があればお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申し込みはお名前・ご希望日、初めての方はお電話番号を明記の上、
ブログ内メールフォームからお願い致します。


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

愛しのシェリー

先日のテーブルウェア・フェスティバルで買ったもの。
正確には買ってもらったもの。(母からのちょっと早い誕生日プレゼントです。
誕生日、1ヶ月以上先なので早すぎ!?)

         shelley

こちらはイギリスのシェリー窯のスナックセットと呼ばれるもの。
(残念ながらシェリー窯は1966年に閉じられ、現在は製造されていません)

スナックセットとはお皿とカップが一緒になったもので、横にお菓子や軽食を
乗せたりします。↓カップをのせる場所が横にズレています。

         shelley

カップやお皿の形がひらひらしていて可愛いし、優しい色合いもとっても素敵。
そしてすごく薄いボーンチャイナなので、とにかく軽いです。

早速バレンタインに買ったマカロンでティー・タイム。
結局、半分は自分で食べてしまいました・・・(笑) ゴメンナサイ。

         shelley

私にとっての初シェリー。お気に入りがまたひとつ増えました♪


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

どんなチョコレートを食べましたか?

じゃなくて、どんなチョコレートを贈りましたか?ですね(笑)
でも、年々高級チョコ志向が高まっているのは、自分へのご褒美チョコを買う方が
増えているからだという気がします。

私が今年買ったのはこちら。(一応、夫へのプレゼントです・・・)
『BOiSSiER』のボンボン・ショコラと『PIEERE HERME』のマカロン♪

         Valentine

手作りしようかなとも思ったのですが、料理教室の試作等で手作りのものは
食べ飽きているだろうし、何より私自身が美味しいチョコレートを食べたかった!

         Valentine

まずは『BOiSSiER(ボワシエ)』
こちらは1827年創業のパリの老舗ショコラトリーです。
今年はフランスのチョコレートにしよう!と決めていました。
このお店にしたのは、パリに住んでいた時、ずっと食べたいと思っていたのに
食べずじまいになってしまったからです。
それが昨年秋に日本初上陸となるショップとカフェを大丸東京店にオープン。
有名な花びら型をしたチョコを購入しようと思っていたのですが、
欲しかったキレイな缶入りのものはビックリするようなお値段で・・・
(手頃なお値段のものは売り切れだったみたいです)
それに夫は「エルメのマカロンが食べたい」と言っていた為、
ボンボン・ショコラを4つにしました。

         Valentine

そしておなじみエルメのマカロン。
急いでいたので詰め合わせを買ってしまいましたが、
自分で好きなマカロンを選べば良かったなぁ~とちょっと後悔。
でもクリームもたっぷりだし、やっぱりここのマカロンは美味しいですね。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

カリフラワー? ブロッコリー? 【Chou-romanesco】

先日ついに手に入れたシュー・ロマネスコ(Chou-romanesco)
パリのマルシェで見かけて以来、すごく気になっていたものの、
「使ってみよう!」と思ったときにはマルシェで見かけなくなってしまいました。

そのロマネスコに日本で遭遇するとは!

         romanesco


ロマネスコの全貌はこちら。
初めて見る方はちょっとした衝撃を覚えるのではないでしょうか?

     romanesco

イタリアのローマ近郊で開発されたから『ロマネスコ』
なるほど~。パリにいた時はフランスの野菜だと思っていたけれど、
イタリア野菜だったのですね。
現在はひろくヨーロッパで流通しているのだとか。
カリフラワーの一種で、ブロッコリーのような色と風味を持ち合わせています。
とりあえず生でちょこっと食べてみたら、ほんのり甘くてホクホクした食感が
カリフラワーのようでした。

         romanesco

ビジュアルが可愛いので、飾っておきたいくらいです♪
さぁ、どうやって使おうか迷っちゃいますね~。

ちなみにこのロマネスコ、私は輸入食材スーパーで買いましたが、
最近いくつかのデパ地下でも見かけました。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

温泉での~んびり。

なのに何故かお猿さんの写真でごめんなさい。

         monkey

連休を利用して鬼怒川温泉に行ってきました。
考えたら帰国後初、約2年ぶりの温泉です。嬉しい~~~。

今回は義母の古希のお祝いという事で、家族みんなでの旅行です。
特に何をするでもなく、のんびりと温泉につかるのがメイン。
夕食の時に子供たちからのプレゼントを3歳の甥がプレゼンターとして渡し、
6歳の甥は覚えたてのひらがなで手紙を書いてきてくれました。
おじいちゃんの手品もあったりで家族旅行ならではのあたたかくて幸せなひと時・・・

写真はちびっ子たちの希望で行った日光猿軍団での1コマです。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

マドレーヌいっぱい

マドレーヌをたくさん焼きました。
まずは今月のお教室で作る抹茶味。黒豆入りです。
それからチョコレートとメープル。

         madeleine

お昼に思い立って作り始め、気づいたら夕方になっていてビックリ。
マドレーヌ、作るのは簡単なのですが、たくさん作ると結構疲れるのですね。
うちでは1回に6つしか焼けないので、型に粉をはたいて生地を流して焼いて、
また型を洗って・・・を5回繰り返しました。

なんでたくさん作ったかと言うと、父(&母)へのバレンタイン用。
実家の父へは今日既に渡しに行き、夫の父へは明日渡す予定です。
喜んでくれるといいな~♪

         madeleine

焼きあがった順に自分でも試食していたら、食べすぎました・・・


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

ショコラ・ショー

いわゆるホット・チョコレート。

寒い冬の日、無性に飲みたくなる時があります。
そして思い出すのはパリ。
寒さの厳しいパリでは、カフェでこれを飲む人たちをしばしば目にします。
そういう私も・・・

         JPH

先日、久しぶりにショコラ・ショーを飲みました。
六本木のミッドタウン内『JEAN-PAUL HEVIN(ジャン・ポール・エヴァン)』です。
ここのショコラ・ショーは4種類ありますが、一番クラッシックなその名も
『パリジャン』を。ポットにたっぷり2杯分。
濃厚なのに甘ったるくなく、チョコレートのケーキと一緒でも平気でした。
チョコレート専門店ですから、どちらも外せません!
器もリモージュのベルナルド製で素敵♪


そもそもミッドタウンに行ったのは、『Toshi Yoroizuka』のデザートを食べるため。
混んでいると評判のこちらのケーキ屋さん。
(シェフの鎧塚俊彦さんは先日川島なお美さんと婚約された事も話題になって
いましたね~)
お茶の時間は無理だと思い、お昼ごろ行ったのですが、
なんと「今ですとお席は17時頃からのご案内になります」
17時~!? 一体何時間待ちなの~?という事で今回は断念。
皆さん朝いらして予約をされ、待ち時間はミッドタウン内を見ていらっしゃるようで
した。こんなに人気だとますます食べてみたくなりますね。

鎧塚俊彦の世界
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/

JEAN-PAUL HEVIN JAPAN
http://www.jph-japon.co.jp/

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

テーブルウェア・フェスティバル 2008

     tableware festival

         tableware festival

毎年の楽しみ、テーブルウェア・フェスティバルを見に東京ドームへ行ってきました!

上の写真は今回の海外特集『ウィーン(オーストリア)』のもの。
マリーアントワネットなどハプスブルク家の女性たちをテーマにしたセッティング等、
本当に夢のような世界でした♪

         tableware festival
こちらは日本の大倉陶園のディスプレー。
このブランドは色使いや形の優美さなどがとても魅力的です。
特に美智子様、雅子様、愛子様の名を冠した薔薇をモチーフにした器&セッティング
に惹かれました。

     tableware festival

これがその美智子様バージョン。
私の写真がイマイチですが、実際はもっとずっと華やかで素敵なんですよ~。
右にちょこっと写っているのが愛子様バージョンのテーブルです。

著名人による食空間提案のコーナーもあります。
前回まではアートフラワーの第一人者 飯田深雪先生によるセッティングコーナーが
とても大きくとられていましたが、昨夏103歳だったかでお亡くなりになられました。
毎回とても飯田深雪先生らしいセッティングだったなぁ。
今は自宅でもいかせる実用的なセッティングが主流ですが、それとは真逆をいく
夢あふれるお姫様の世界!!!
でもそれが飯田深雪先生らしくて素敵でした。     

         tableware festival

今回一番それに近かったのがこの黒柳徹子さんのテーブル。
銀器にクロスに椅子etc・・・どれも溜息が出てしまいます。

     tableware festival

こちらはパティシエの高木康政さんのテーブルです。
いまどきのパティシエさんはテーブルセッティングもするのですね。

長くなってしまいましたが、最後に一枚。

         tableware festival

一般の方からの応募によるコンテストで今回大賞をとった作品です。
こんな風に和のテーブルやエスニックテーブルなどジャンルも様々でとても
参考になりました。

セッティングだけでなく、展示販売コーナーもすごく充実しています。
その数なんと200店舗ですよ~。 ありすぎて困ってしまうくらい。
2月10日まで開催しているので、器好きな方、ご都合がつけばぜひ!


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

熱々オニグラ・スープ♪

昨日の鬼さんの写真があまりにも子どものおやつっぽかったので、
急いで次の記事をのせる事にしました(笑)

         soupe d'oigon

夕食に食べたオニオングラタンスープです。
寒い冬にふぅふぅ言いながら食べるのがたまりません。大好物です!
そのスープを今回はパンにつめてオーブンへ。
昨年アメリカのボストンで食べた名物のクラムチャウダー。
その時もこんな風にパンを器代わりにしていました。それを思い出して真似っこ。
パンと組み合わせるとかなりボリュームがアップするので、
朝食ならこれだけで充分です。
次回はクラムチャウダーで挑戦してみようっと。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

鬼さんのホットケーキ

昨日は節分でしたね。皆様は豆まきなどされましたか?
私は豆まきはせず、恵方巻きを夕食に食べたくらい。
でもお腹がすいていたためか、すっかり方角を気にするのを忘れて
半分くらい食べてしまってから「あ、そうだ!南南東だった~!!!」
とあわてて向き直したので、ご利益があるのかどうか。
窓の外からは「鬼は~外」の声が聞こえてきてなんだか微笑ましくなりました♪
まぁ我が家で「鬼は~外」をやったら、私が出て行かなくてはいけないので(笑)

少しくらい気分を盛り上げようと作ったのがこれ。「鬼さんのお好み焼き」

         oni

・・・じゃなくて「鬼さんのホットケーキ」なんです、一応。
うちのフライパンは焼く面が平らじゃなくてプツプツしているタイプ(?)なので、
きれいな色に均一に焼くのは難しいの、と言い訳させて下さいっ。

このイラスト付ホットケーキは簡単で可愛いので、お子様のいるご家庭でぜひ♪
やり方はプレーン生地の一部にココアを混ぜて搾り出し袋(普通のビニール袋でも
OK)に入れたもので、熱したフライパンにお好みの絵を描きます。
その上にプレーン生地を流して普通に焼くだけ。
お絵かきしている時は火にかけたままではなく、ぬれぶきんの上などでやった方が
良いと思います。ココアがない時はプレーン生地にハチミツ少々を混ぜたものでも。

この写真、あまりにもブサイクケーキなのでのせるかどうかかなり迷いましたが、
皆様はこのホットケーキを反面教師として(笑)、
ぜひホットプレートなどでつるつるごんがり~のキレイなものを作って下さいね♪


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

2月のレッスンについて (再掲載)

☆定員になりましたので、2月の募集は終了させて頂きました☆

3月3日はひな祭り。いくつになってもお祝いしたいですね。
そんな今月のテーマは 『女友達とのランチパーティー』
春が待ち遠しい桃色テーブルをご紹介します。
料理はイタリアンのエッセンスを取り入れて、女性好みのメニューにしました。

       日時:2月17日(日) 満席になりました
           2月21日(木) 満席になりました
           2月24日(日) 満席になりました           
           いずれも11:30AMから3時間程度
       場所:江戸川区内 コミュニティ会館
           最寄り駅は地下鉄東西線 西葛西駅です。
           詳細はお申込後メールにてご連絡いたします。
       料金:4,000円(材料費込)
           体験レッスン有(初回のみ3,500円にてご参加頂けます)
       定員:4名様
       メニュー:Cocktail de pamplemousse et crevette
             グレープフルーツとエビのカクテル
             Salade de saumon sauce basilic
             スモークサーモンのサラダ バジルソース
             Conchiglie de covisse et fève
             はまぐりとそら豆のコンキリエ
             Madeleine au macha
             抹茶のマドレーヌ
             (パン・中国茶付、内容は変更になる場合がございます)

       レッスンの流れ 
       ①テーブルセッティングのデモンストレーション
        家庭科室のような所なので、そのまま試食すると味気ないです。
        でもテーブルクロスをかけ、ちょっとした季節の小物を飾るだけで
        雰囲気はアップするもの。簡単なセッティングですので、
        ご家庭でも取り入れて頂ければと思っています。
       ②レシピ説明
        毎回3~4品、身近な食材を使って簡単に、でもちょっとお洒落に・・・
       ③調理実習
         4名様までの少人数制なので初心者の方でも問題ありません。
         皆さんで楽しくお料理しましょう。
       ④試食
         最初にセッティングしたテーブルでご試食頂きます。
         その後、片づけをして終わり。(ご協力お願い致します)
       以上で約3時間の予定です。

ご質問等があればお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お申し込みはお名前・ご希望日、初めての方はご住所とお電話番号も明記の上、
ブログ内メールフォームからお願い致します。


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ

素敵な文房具 シーリングワックス&スタンプ

シーリングワックスとスタンプをご存知ですか? こちら↓のものがそれです。

         seal

17世紀にヨーロッパで流行した手紙に封をする道具たち。
映画でも時々登場しますね。
当時はイニシャルだけでなく貴族の紋章などがデザインされていたそうです。

私の中ではなんとなく英国紳士が使っているイメージ♪

手紙にこんな封がされていたら素敵だなぁと憧れていましたが、数年前、
結婚式の招待状に使うために思い切って購入。
が、それ以来、引き出しの奥でずっと眠っていました(笑)

         seal

まずシーリングワックス(封蝋)に火をつけて溶かし、スタンプの大きさくらいに
なるようポタポタと丸く蝋をたらします。

         seal

そしてスタンプを押します。この時のグニャっという感触がなんとも言えません。
そしてゆっくりとスタンプを外せば出来上がり。
私は蝋にスタンプを押し込む前に、写真左奥にある金色のインクをつけました。
別に必要ないのですが、こうした方がちょっと豪華な感じに仕上がります。

         seal

じゃ~ん、完成品です♪
封筒はもちろん、ラッピングに使ったりしても可愛いですね。
私は先日、メニューカードに使ってみました。 ちょっと豪華になって満足です。


↓2つのランキングに参加しています。それぞれクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。